賃貸物件を相談する際のポイント

賃貸物件を借りようと思ったとき、本当にこれでいいのか相談したくなることは多いと思います。 やはり一番いいのはプロの不動産会社に相談することで、これが一番早い解決の近道となります。 当然彼らとしても契約になるように営業している訳ですが、やはり気になる地域の賃貸物件情報や専門知識を一番持っているのは彼らなので、最もよい相談相手となるでしょう。 しかし不動産業者に相談するにしても、まず自分の中である程度明確に希望の物件の条件を持った上で行くほうが、意味のある時間になります。 予算の上限、絶対に必要な設備、譲れない条件等々です。 もちろん実際に紹介される物件や今ある案件の中で多少は譲らなければならない条件も出てくると思います。 しかし最低限の希望条件をこちらが持っていなければ、不動産業者もどんなポイントを重点的に紹介すればいいかが分からなかったり、 逆に業者の紹介したい物件へ案内され、納得のいかない形で申込みをしてしまう可能性もあります。

賃貸経営で空室率の問題を改善する

賃貸経営で空室率の問題を改善する 賃貸物件を経営している側の人たちにとって深刻な問題と言えば空室率の上昇です。賃貸物件は次から次へと建てられていきますから、入居する側としては選択肢がその分増えていくことになりますので、何もしないでいると空室率を下げることが難しくなってしまうものです。 空室率の改善のために、まず気にしておきたいのが、入居をしてもらう工夫です。物件に注目してもらい、住んでもらわないことには始まりませんから、まずは気を引けるような魅力的な物件情報でアピールをすると良いでしょう。 例えば、敷金や礼金がかからなければかからないほど、入居者の負担は減りますから、そこの調整をしてお得な物件であることをアピールするのです。 そして、空室率が下がった時には、退去してしまうことを防ぐために、居心地の良い環境をつくる工夫が必要になります。 建物の管理をきちんとして、清潔な環境を整えたり、壊れている箇所を放置しないなど、いい加減な経営姿勢が見えないようにすることで長く住み続けてもらいやすくなるものです。

新着情報

◎2024/5/1

情報を更新しました。

> 賃貸物件におけるセキュリティー向上のための実践的アドバイスと知識の紹介
> 賃貸契約における交渉術:お役立ち情報でスムーズに物件を借りる方法
> 賃貸物件の選び方とメゾンタイプへの理解を深めるための情報ガイド
> 賃貸物件選びの重要ポイント:断熱性を高める方法とそのメリットについて
> 賃貸物件における水道料金の詳細とお得な節約術について

◎2017/8/21

隣人の騒音
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

保証人不要の賃貸物件のリスク
の情報を更新しました。

「賃貸 相談」
に関連するツイート
Twitter

返信先:サステナさんが書かれている通りです。 持ち家vs賃貸がいいかを聞かれたら取り敢えず持ち家ですが、相談されたら相談者の考えを深掘りしないと最善な答えは出ないですよね🫶

山口県宇部市で 視覚障害のある人が賃貸物件を借りようと 不動産屋に相談すると 「視覚障害者は 火事を起こす可能性があるから 貸せません」 と担当者 「自分で電磁調理器に代えます」 と必至に頼んだが 結局断られたという … これは視覚障害を理由とした 不当な差別であり 障害者差別解消法違反だ

義両親、急にポンっと高額商品を買ってくれる事がある。でも、本当に急な上に相談がない。 始めは食器棚だった。まだ賃貸のアパートに住んでて、いつかは引っ越しするから1人暮らしの時のものを使っていたのが気に入らなかったようで、突然リサイクルショップに連れていかれ、買ってくれた。 →

もしくは、奥さんとマイホームの相談に行ってるのかしら🤔戸建賃貸って言ってたけど…?ローン通らないから仕方ないよね笑

障がい者相談支援センターに初めて電話:「どのようなことでお困りですか?」「生活先般です」 「例えばどのような」「そうですね…賃貸を契約したいけれど障がい者だと断られる場合があるとかです」「不動産担当の者と交代しますね」「ま、待ってください!一例です一例!」