賃貸の家賃の交渉術の時期選び

賃貸市場にもシーズンがあります。
新入学や就職、それに転勤などで多くの人が住まいを探す1月から4月は不動産会社にとっては年中で一番の繁忙期です。
この時期は多くの賃貸物件が出回っていますが、不動産会社のstaffは一年で一番忙しい時期なので時間をかけては無しを聞くということができにくい時期です。
4月の半ばを過ぎると市場に出ている賃貸物件の数は激減し、シーズンオフとなります。
4月に入居者が決まらなかった物件については、不動産会社や大家さんが条件をよくしたりして入居者を探す時期です。
4月を過ぎると、次の賃貸市場のシーズンは結婚する人が増え、また多くの企業で秋の転勤者が新しい住まいを探す9月から10月です。
そのため、シーズン直前の8月が家賃交渉の時期選びとしては適しています。
4月から入居者が決まっていない物件については入居者探しのために好条件が整っている可能性が大きいですし、不動産会社に来店するお客さんも少ない時期なので不動産会社のスタッフとしても時間的に余裕があり、じっくり話をしやすい時期です。

賃貸の家賃の交渉術と不動産屋

賃貸物件の築年数 賃貸で新居を探す場合、いきなり不動産屋へ行くよりも、インターネットで事前に検索をしておく方が、好みの物件を見つかることができます。
誰でも絶対に譲れない条件というものがあり、住みたいエリア内で家賃や間取りなどの条件に当てはまる物件を探していきますが、住みたいエリアの家賃相場を知っていないと、予算内にあった物件はなかなか探すことができません。
事前にそのエリアの家賃相場を調べておけば、その家賃内で、間取りや築年数などを妥協して、予算内にあった賃貸物件を見つけることができます。
またはじめて賃貸で部屋を探す人の場合、家賃以外にも初期費用などが必要となりますから、それらを準備しておかないと、賃貸契約することができません。
初期費用とは、敷金や礼金、仲介手数料、火災保険料などで、およそ家賃の半年分のかなりまとまったお金が必要となります。
仲介手数料は不動産屋に支払うお金で、中にはゼロ円というところもありますから、初期費用を抑えたい場合には、そういった物件を見つけるのも一つの方法です。

新着情報

◎2017/8/21

隣人の騒音
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

保証人不要の賃貸物件のリスク
の情報を更新しました。

「賃貸 時期」
に関連するツイート
Twitter

生活保護は早めに申請時期を見定めて処理できるなっておもった。ただ、残念ながら我が家には働くけど家庭にお金を入れない配偶者がいたので、そもそも受給資格がなかった。あとは住んでた賃貸の家賃が高すぎるから引っ越ししろと言われた。あの時(より今のほうが健康悪化してるが…)は既にそんな気力…

山形賃貸、さすが時期的に転勤族、学生が動き出して、2週間前に見た候補2か所のうち、1か所が埋まってた😥 写真だけで決めたそう 昨日見た所はキレイな4階角39,000円だったけど、ランニングコスト高すぎたので仮押さえ流しました😔 二重サッシで職場至近だったけど

返信先:他1こんにちは😊 もうじき新生活が始まりますね✨️ 賃貸住宅の入居者も入れ替りがとても多くなる時期ですね😌 忙しくなるかと思いますが、どうか体調には気をつけてお過ごしください🍵 フォローさせていただきますね! よろしくお願いします☺️

新築アパートがこの時期に埋まると家賃安すぎたかなとか、AD不要だったかなとか悩む。 かといって埋まらないとフガフガするし。 賃貸経営は奥が深いぜ。 ちなみにボロ物件はAD地域最高値で押し込む派です🤣

賃貸の2年毎の契約更新ってあるけどあれ3ヶ月延長とかそういうのほしいよね 3月に入居した人って更新時期のことだけ考えて更新したり引っ越したりしてると一生3月更新で一生一番高い探せない時期しか探せないし ギリギリまで住まなきゃええやんって話なんだけどさ